UberEats配達員の始め方とは?準備から実際の登録方法まで解説!

f:id:iemeci:20210526171357j:plain

 

最近副業を始める人が増えていますが、その中でも特に「UberEats配達員」に注目し、実際に始めている人がいます。この記事を読んでいる人の中にも、「UberEatsの配達員を始めてみたい」と考えている人も多いでしょう。

しかし、実際にどうやって始めたら良いのか、何を準備しておけば良いのか分からない場合もあります。そこで今回は、UberEats配達員の始め方について詳しく解説していきます。始め方を知っておきたい人はぜひ参考にしてみてください。

 

UberEatsの配達員になるのに必要な条件は?

UberEatsの配達員になるために、「特別な資格を取得しなくてはいけない」ということはありません。面接もなく、手続きと審査が完了すればすぐに配達員として活動できます。ただし、最低限の条件は設けられています。

18歳以上

・日本国で就労できる人

年齢は18歳以上に設定されていますが、18歳以上であれば高校生であっても配達員として仕事ができます。また、外国籍の人でも日本で配達員になることは可能です。その代わり、必要書類としてパスポートもしくは在留カードを用意する必要があります。

 

事前に準備しておきたい書類

配達員に登録するためには、いくつか書類を準備しておく必要があります。登録方法を確認していく前に、あらかじめ必要書類を準備しておきましょう。なお、配達に使用する車両によって提示する書類は異なります。

必要書類

備考

身分証明書

パスポート、運転免許証、マイナンバーカードのいずれか

プロフィール写真

免許証などのコピーはNG

 

【原付】

 

必要書類

備考

運転免許証

表側を撮影

自賠責保険証

ナンバープレートの情報が記載されていなかったら、ナンバープレート証明書と並べて1枚の写真に撮影

ナンバープレートの写真

原付は排気量125cc以下に限定

プロフィール写真

免許証などのコピーはNG

 

【軽自動車・バイク(排気量125cc超)】

 

必要書類

備考

運転免許証

表側を撮影

自賠責保険証

ナンバープレートの情報が記載されていなかったら、ナンバープレート証明書と並べて1枚の写真に撮影

車検証または軽自動車届出済証

軽自動車や250cc超のバイクなら車検証、250cc以下のバイクなら軽自動車届出済証

任意保険または自動車共済証書

契約者の氏名・住所、契約の有効期間、車両情報(ナンバープレート番号など)が記載されていること。

ナンバープレートの写真

事業用が必要

・軽自動車…黒に黄色い文字が入ったプレート

・バイク(125cc超)…緑に白い文字が入ったプレート

プロフィール写真

免許証などのコピーはNG

UberEatsに登録する車両は変更もできますが、登録していない状態で配達するのはNGです。アカウントが停止してしまう可能性もあるので、配達時には必ず登録した車両を使うようにしましょう。

 

UberEats配達員の登録方法

アカウントを登録する

f:id:iemeci:20210527184228j:plain

まずはUberの公式サイトからアカウント登録を行います。メールアドレス・氏名(ローマ字)・電話番号・パスワード・都市を入力して「次へ」を押します。

都市は自分が配達を行う都市名を入力するのですが、それ以外の場所でも配達は可能です。ただし、登録都市以外で配達をしてもブーストやインセンティブの対象外となってしまいます。後から変更することも可能ですが、なるべくメインで活動する都市名を入力しておきましょう。

また、知り合いから配達員の招待コードを受け取っている場合は、そのコードも入力してください。

必要書類をアップロードする

あらかじめ準備しておいた書類の画像を撮影し、アップロードしていきます。プロフィール写真はフードを依頼したユーザーに見られるものなので、服装・表情などに注意して撮影しましょう。

報酬が振り込まれる銀行口座を登録する

報酬は海外からの送金となるため、使える銀行口座が限られています。三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行といったメガバンクなら登録可能ですが、ゆうちょ銀行や信用金庫、ネット銀行などは使えません。

ただし、みずほ銀行の口座を登録すると送金があるたびに銀行側から電話がかかってきてしまいます。UberEatsの場合、送金は週に1回のペースなのでできれば他の銀行口座を登録しておいた方が良いでしょう。

審査

登録が完了したら審査に入ります。審査にかかる時間は混み具合にもよりますが、最短3日~最長2週間かかります。平均でも1週間程度は完了するまでに時間がかかると想定しておきましょう。

審査中はただ待っているだけだともったいないので、完了後すぐに配達員として働けるようにある程度準備を進めておきましょう。

・「Uber Driver」という専用アプリをダウンロード
・配達用バッグをAmazonで購入
・シェアサイクルやレンタカーの登録

登録完了

審査が完了し、晴れて配達員として登録されればすぐに稼働できます。

まとめ

今回はUberEats配達員の始め方について、登録方法や準備が必要なものなどをご紹介してきました。UberEats配達員は自分の好きな時間に、好きなだけ働けることから始める人が増えてきています。

現在は都会や地方都市を中心に展開されていますが、今後は日本全国へ拡大する可能性も高く、配達員の需要はますます高まると予想できます。配達員を始めてみたい方はぜひ今回ご紹介した内容を参考にしつつ、登録してみてください。