UberEats配達員は女性も活躍中!注意点やメリット・デメリットをご紹介

f:id:iemeci:20210527190335j:plain

 

UberEatsの配達をしている女性が増えています。自分の時間を有効活用して働けるフードデリバリーの配達員は、数こそ男性が多いものの、最近は女性配達員が活躍する姿を目にするようになりました。

今回は、女性がUberEatsの配達パートナーとして働くメリットやデメリット、女性ならではの注意点をご紹介していきます。これからUberEatsの配達員に登録したい女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

UberEatsの女性配達員の不安ポイント

UberEats配達サポーターとして働きたいと思っても、女性にとっては不安材料もあるでしょう。多くの女性が不安を抱きやすいポイントを3つにまとめてみました。

 

体力的に不安

冬でも夏でも自転車などを全力でこいで配達しているイメージがあるUberEatsの配達員の仕事は、ある意味では体力勝負とも言えます。また、エレベーターのないマンションなどは、階段を登って配達することになり、かなり体力を消耗するでしょう。

やはり一般的には男性と比較して女性のほうが体力はない傾向があります。そのため、女性が配達員として活躍するにあたっては、体力面が不安材料となりやすいです。

 

怖いお客さんがいないか不安

フードデリバリーのお仕事は、お客さんの自宅まで食事を届けるので、個人宅に行くことになります。女性にとっては、「変な人や怖い人の家に行くことになったらどうしよう」という不安は男性よりも抱きやすいでしょう。

 

しっかり配達できるか不安

UberEatsの配達サポーターの仕事は、初めて行くお店やお客さんの家に自分で行く仕事です。方向音痴でも難しくないのか、しっかり配達できるかなど、実際の仕事を始める前には不安に感じる女性も多いです。

 

女性がUberEats配達員をするメリット

UberEats配達員に女性が増えているのには理由があります。女性にとってどのようなメリットがあるかを見ていきましょう。

 

体を動かせる仕事

美容と健康のために体を動かしたい女性にとって、UberEatsの配達の仕事はおすすめです。ジム通いにお金を使わず、体を動かす仕事で報酬が得られるメリットがあります。実際、UberEatsの配達員をやり始めてからたくさん配達したことで痩せた人も見られるほどです。

 

自分の都合で休める

UberEatsの配達サポーターの仕事は、一般的なアルバイトとは違いシフトがあるわけではなく、自分の都合でできる仕事です。急な用事ができたり、雨が降ってきたり、ちょっと疲れたりしたらアプリをオフにすれば仕事の依頼は入らないので、自分の都合で休みたい女性には嬉しいポイントです。

 

お客さんが優しい

実はUberEatsを利用するお客さんの層は常識的な人が多い傾向です。サービス料そのものが高めに設定されていることもあり、利用者の質は基本的に高めとなっています。

そもそも、配達員の仕事ではお客さんとの会話はほとんどないので、常識的なやり取りが行われるだけとなります。怖い人や変な人が絶対にいないとは言えないものの、多くの場合ではお客さんは優しいです。

 

お店や街に詳しくなる

UberEatsの配達員は専用アプリを使って仕事をします。UberEatsのアプリはGoogleマップと連携しているので、方向音痴の人でも安心して配達できます。

配達の仕事を通して人気のお店にも詳しくなれるので、素敵なお店を発見できる可能性も広がるでしょう。もっとお店や街に詳しくなりたい人はUberEatsの配達員にチャレンジしてみてください。

 

女性が感じるUberEats配達員のデメリット

UberEats配達員として働く女性が感じやすいデメリットもご紹介します。

 

坂道や長い距離が大変

配達で坂道を自転車で登るのが大変という女性の声もあります。また、長い距離を自転車で走ることも体力的に厳しいと感じやすいでしょう。

UberEatsでは電動自転車の貸し出しも行っています。有料ですが、利用してみると仕事が楽になりやすいです。

 

日焼けしやすい

UberEatsの配達サポーターは仕事で外にいる時間が長くなるため、日焼けが気になるという女性も多いです。日焼けをしたくない女性は、真夏の炎天下は避ける、日没後を中心に仕事をするなどの対策をおすすめします。

 

日焼けしやすい

女性に限ったことではないものの、UberEatsの配達サポーターの仕事は待ち時間があることがデメリットになる可能性があります。仕事をする気にあふれている状態でも、依頼が来なければ仕事はできません。

効率的にUberEatsの配達で稼ぎたい女性は、需要が多い時間帯や、天気、エリアなどを狙って仕事をしてみましょう。回数インセンティブや指定エリアのブーストインセンティブ、週末や雨の日などに突発的に発生するインセンティブなどを上手に活用して、待ち時間のロスを解消してみてください。

 

まとめ

今回は、女性がUberEatsの配達員として働くメリットやデメリットをご紹介しました。 仕事をスタートする前は女性ならではの不安も感じやすいでしょう。しかし、実際にUberEatsの女性配達員としてデビューしてみると、不安が取り越し苦労だったということも多いです。ぜひ、UberEatsの女性配達員として、新しい業界での活躍をスタートさせてみてください。